肩こりは目の疲れのサイン?スマホの見過ぎに注意

スマホを使い過ぎていること

肩こり以外の症状が見られる

肩こりに悩んでいる人が多いと言われています。
それは、スマホを見続けていることが原因かもしれません。
症状が起こっても放置していると、もっと悪化したり、吐き気やめまいなどの症状が起こったりする場合もあります。
目が疲れてきたと思ったら、スマホの操作を控えてください。
休みをこまめに挟むことで、肩こりの症状を改善できます。
遠くの景色を見たり、目を動かす運動をしたりしても良いですね。

目を温めることも、疲れを癒すことに繋がります。
温めたタオルを目元に当てるだけで良いので、目が疲れたと思ったら実行してください。
またスマホの画面を、明るくし過ぎないことも重要です。
明るい画面を見ていると余計に目が疲れてしまうので、少し暗くすることも対策になります。
瞬きの回数が減ると、目が乾燥して疲れることも多いです。
集中してスマホを見ていると瞬きが減るので、意識して瞬きをするように心掛けてください。

毎日、十分な睡眠を確保することも目を癒す良い方法です。
休日にだけたくさん寝ても、身体を回復させることはできません。
疲れがずっと残るので、肩こりの症状も継続してしまいます。
また、寝る前にスマホを操作することは控えましょう。
寝る前にスマホの画面を見ていると脳や目に刺激を与えて、眠りが浅くなります。
さらに疲れる可能性があるので、寝る前はスマホを触らないように意識してください。
良質な睡眠を確保できるように、様々な工夫を試すと良いですね。

おすすめリンク

TOPへ戻る