スマホを使い過ぎていること

>

現代人に多くみられる症状

使用頻度を減らそう

スマホを見続けていると、目が疲れていきます。
すると目だけではなく、そのうち身体全体にダメージを与えると思ってください。
次第に肩が痛くなったりこったりして、仕事を満足に進められなくなる可能性があります。
仕事がうまく進まないと、他の仕事をしている仲間にも迷惑をかけるのですぐ身体の異変に気づいてください。

肩こりが頻繁に起こるようになったらスマホが原因かもしれないので、少しの時間触らないように意識しましょう。
調べものをする際は必要なので仕方がないですが、ゲームやSNSを使う頻度を減らしてください。
するとスマホを使う時間が短くなるので、目の疲れを解消できます。
肩こりも自然になくなり、快適に生活を送れるでしょう。

休憩を挟むのがおすすめ

どうしても長時間スマホを触らなければいけない事態が起こるかもしれません。
その際は、休憩を挟んでください。
1時間スマホを使うごとに、15分から20分の休憩を挟めるのがおすすめです。
すると目に疲れが溜まらないので、肩こりの予防にもなります。
スマホの画面から目を離して遠くの景色を見たり、眼球を意識して動かしたりしましょう。

眼球を動かして様々な方向を見ることが、良い運動になります。
その時は、顔を動かさないように注意してください。
眼球だけを動かさないと意味がありません。
それなら座ったままできますし、広いスペースも必要ありません。
自宅でも、会社でデスクに向かっている時でも実行できます。
目の疲れを解消するため、方法を覚えておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る