スマホを使い過ぎていること

>

疲れを癒す方法とは

蒸しタオルの作り方

目が疲れた時は、温めてください。
すると目の周りの血流が良くなって、疲れを解消できます。
蒸しタオルは、水で濡らしたタオルを電子レンジで数秒温めるだけで良いので簡単ですね。
しかし熱くし過ぎると、ヤケドをするので注意してください。
触れるぐらいの温かさになったタオルを、ゆっくり目元に当てて数分休みましょう。

目だけでなく心もリフレッシュできるので、仕事の合間に行うのもおすすめです。
スマホを操作する時は、明るさに注目してください。
明るくし過ぎると、目に与えるダメージも大きくなります。
少し明るさを下げて、ダメージを減らすのも良い方法です。
特に周囲が暗いところで明るい画面を見ると、目がすぐに疲れて肩こりが起こってしまいます。

目が乾燥している人

ドライアイの人は目が疲れやすいので、特にスマホを操作する際は気を付けなければいけません。
普段から、たくさん瞬きをするように意識してください。
瞬きをすることで人間は涙を出して、目に潤いを与えられます。
しかしスマホに集中していると、次第に瞬きをしなくなります。
その状態が何時間も続くと目が乾燥するので、瞬きを減らさないことが重要です。

どうしても瞬きが減ってしまう人や、元々涙が出にくい体質の人は目薬を使うと良いですね。
目薬には様々な種類があるので、自分にふさわしいものを選択してください。
普段からコンタクトレンズを使用している人は、きちんと専用の目薬を買いましょう。
種類が異なっているものでは、効果をうまく発揮できません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る