スマホを使い過ぎていること

>

質の良い睡眠を確保する

早く眠る意識を持とう

毎日夜更かしをして、スマホを操作している人が見られます。
すると目だけでなく脳にも悪影響を与えて、浅い睡眠になるのでいけません。
疲れを回復させるためには、深くて良い睡眠を確保する必要があります。
眠る直前に、目や脳に負担を与えないように工夫しましょう。
ですから、早く眠ることを心掛けてください。

仕事で遅い時間に帰宅した時は、早く眠れるように食事やお風呂をすばやく済ませてください。
ただ、シャワーだけで済ませるのはおすすめできません。
きちんと湯船に浸かることで身体を温めて疲れを癒したり、血行を良くしたりできます。
それも、肩こりや目の疲れを解消することに効果的です。
食事を簡単に済ませられるよう、作り置きおかずなどを用意すると良いでしょう。

リラックスできる工夫

眠る前に心身をリラックスさせると、目の疲れや肩こりを解消できます。
ヒーリングミュージックを聴くのがおすすめなので、CDを用意してください。
川のせせらぎや鳥のさえずりの音を聞くことが、リラックスに繋がります。
眠る前に聴くことで、自然と深い眠りに入ることができるでしょう。
また、寝る前に読書をするのが良い方法です。

スマホを操作するのは悪影響を与えるので、これからは読書に切り替えてください。
そのように寝る前の習慣を変えることで、眠りの質をより高められます。
ずっと肩こりが治らなかったり、目が疲れやすくなったりしている人は習慣を見直してください。
放置すると、重大な病気に発展する場合もあるので注意しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る